ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

独自視点でレビュー! 今さら?いえいえ、Nikon AiAF180mmF2.8Dって、かなりいいです。

いつもマイナーな機材レビューばかりしている私です。

今回はNikonFマウントの単焦点レンズ、AiAF180mmF2.8Dの話です。

 NikonD300sを使用していた時代から、カメラを買えても使い続けていました。

最後に使っていたD500では、AiAF180mmF2.8Nタイプだったと思います。

 

<ポイント>

・大口径望遠なのに、軽い

・70-200と比べて抜けが良い!

・70-200と比べてボケがきれい!


f:id:akechichan:20190213080658j:image

NikonD300s+AiAF180mmF2.8D

APS-Cカメラだと、換算270mmなので、小動物にもかなり寄れます。

お陰で背景も全部飛ばせる。

この時は、数メートル後ろに白いジャンパーの人が通り過ぎていたのですが、綺麗にしろボケになって、リスの表情のアクセントになりました。


f:id:akechichan:20190213080712j:image

D600+AiAF180mmF2.8D

フルサイズだと、そんなに大きくは寄れない。

実際にはもう少し寄れるけど。

でも、この立体感はすごいですよね。


f:id:akechichan:20190213080753j:image

D3+AiAF180mmF2.8D

このぐらいの距離なら、ボディ内蔵モーターでも余裕で追従。

AF-C、3Dトラッキングで撮影。

秒9コマ?で撮りましたが、撮り始めから画面外まで、しっかりとAF追従していました。

ちなみに数メートルの距離で子供が近づいてきたときは、さすがに外しました。


f:id:akechichan:20190213081149j:image

D500+AiAF180mmF2.8D

日差しが強いと、少しパープルフリンジが多くでる。

ケンコーのUVカットZitaを付けていたけど、ほとんど効果なし。

むしろ、半段か一段絞ると改善。

背景がボケなくなるので、私は開放絞りで撮影後、Photoshopライトルームのフリンジ除去を使っていました。

 

<感想>

私のリス撮影スペシャルレンズでした。

背景もきれいに飛ばせるのと、変なボケ方をしないので、使いやすかったです。

AFはボディ内モーターに依存しますが、ボディ内モーターが一番弱そうなD600(持っていたなかでは、ですが)でも、そんなに遅くは感じませんでした。

インナーフォーカスのおかげでしょうか。

現在でもまだ新品で売っており、後継機も出る気配無いので、一本あってもお勧めです!

 

D300sを利用していた際は、中古店でもかなり安く売らていた記憶があるのですが、D600以降、特にDfあたりのAiAFブームの際に、一気に品薄になり、今では高値な気がしています。

なくなる前に、新品購入するのもありですね。

 

 

 まだ新品売っています!

ちなみにパープルフリンジが気になっていたので、このUVカットフィルターを使っていました。 

Kenko UVレンズフィルター Zeta UV L41 72mm 紫外線吸収用 037232

Kenko UVレンズフィルター Zeta UV L41 72mm 紫外線吸収用 037232