ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

独自視点でレビュー! フジフィルムの誇るレッドバッジ標準ズーム XF16-55mmF2.8 R LM WR

みなさんこん○○わ。

いつもマイナー機材ばかり紹介している私です。

が、今回はそれほどマイナーではない?機材の紹介です。

 

でも、最近ではグリップの大きいX-H1の発売により、XF16-55mmと組み合わせている人も多く見かけるようになりましたが、それまでは比較的コンパクトなXシリーズにおいては、単焦点を組み合わせている人のほうが多かったかもしれませんね。

そういう意味で?、マイナーな機材の紹介、という事にしておきます。

 

<ポイント>

・レッドバッジ!

・ピント面の解像が半端ない。

・防塵防滴。

・でかい、おもい。でもAFは早い。

 

f:id:akechichan:20190216210719j:plain

X-T1+XF16-55mmF2.8

公園にあった、昔の都電(路面電車)をパチリ。

フジフィルムの発色と相まって、しっかりくっきり撮れています。

でも、開放で撮っているため、手前の線路などは若干ボケています。

F8ぐらいまで絞って撮れば、びっちり解像していたかもしれませんが、私はあまり絞らない(風景とかスナップとかあまり撮り慣れていないし)ので、こんな結果でした。

f:id:akechichan:20190216210725j:plain

X-T1+XF16-55mmF2.8

続いて都電の室内。

質感が良く撮れています。もっとも、発色はフジフィルムのカメラ側のよさかもしれません。ピントを合わせているノッチ以外は、うっすらとボケています。

 

 

f:id:akechichan:20190216210755j:plain

X-T1+XF16-55mmF2.8

つづいて、慣れない風景撮り。どうしていいかよくわからないまま、適当に絞って撮っています。構図もいまいちを通り越して、いま二ですが、お許しを。

 

f:id:akechichan:20190216210733j:plain

X-T1+XF16-55mmF2.8

今度はいつものリス撮影。標準大口径ズームとはいえ、このぐらいまでなら近接撮影ができます。最大撮影倍率は0.16倍とのことですが、手のひらサイズのニホンリスがこのサイズに写せれば十分です。

なおここまで寄って開放絞りで撮っても、背景は完全には飛びません

また背景ボケもそれほど綺麗ではないので、後ろがゴチャゴチャしたところで撮ると、上のように残念な感じになります。

f:id:akechichan:20190216210739j:plain

X-T1+XF16-55mmF2.8

こちらもニホンリス。画面端の丸ボケはなんとかレモン型にはなっていません

f:id:akechichan:20190216210749j:plain

X-T1+XF16-55mmF2.8

こちらもリス。背景に棒状のものがあると、背景ボケが若干汚くなります。

ピントについては、目にピントを合わせていますが、もはや単焦点並みの解像感です。おそらく解像感を重視したレンズなのかもしれません。

NikonのDXフォーマット用17-55mmF2.8Gとは対照的な気がしました。

 

akechichan.hatenablog.jp

 

続いて人物撮影。いつもの子供ですが。

f:id:akechichan:20190216210805j:plain

X-T1+XF16-55mmF2.8

目線は消してしまっていますが、まつ毛までバリバリ解像しています。

光の関係で、うまく立体感が出ていて、私は好きな写真です。

発色も肌の質感も申し分なし。さすがは大三元レンズというところでしょうか。

 

 

f:id:akechichan:20190216210800j:plain

X-T1+XF16-55mmF2.8

こちらは手前ボケのサンプルに。

背景ボケは場合によって少しうるさいですが、手前ボケは綺麗にボケています。

手前に花を入れたりすれば、良い写真になるかもしれませんね。

 

f:id:akechichan:20190216210743j:plain

X-T1+XF16-55mmF2.8

続いて、若干暗めのシュチュエーションで。暗部もしっかりと写せており、性能の高さがうかがえます。

 

【感想】

冒頭にも触れましたが、AFも早く、防塵防滴なので、絶対に失敗せず「及第点」が欲しい時には便利なレンズです。

ただフジフィルムは優秀で安価な単焦点レンズがそろっており、やはり各焦点域では、単焦点のほうが抜けもボケも良く、XF16-55の活躍の機会が少なくなります。

私は現在のカメラがX-Pro2なので、バランス的にも、オシャレ重視な見た目的にも、このレンズは使いづらいです。

しかしX-H1のような一眼レフ風のがっちりしたボディ・グリップであれば、このレンズを活かせること間違いなしです。

きっと、嵐の中でも雪の中でも、結果を出してくれるはずです。

 

 

ちなみに私は、X-T1のノーマル状態ではバランスが悪く、X-T1に革ハーフケースの状態でも微妙にバランスが悪く、最終的には純正のラージグリップをつけている状態での使用が、一番しっくりきました。

 

▼X-T2での子供スナップ撮影を行った時の日記はこちら

www.camera-numa.com

 

 

 

 付属フードがプラ製(一応花形)なのが残念なところ。せめてもう少し質感が高ければ、と思いつつも、実用重視ならばこのほうが良いのかもしれませんね。

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR