ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

スナップ練習 in 水門

みなさんこん○○わ。

本日も苦手スナップの腕を少しでも上げるべく、気ままなスナップをしてきました。

と言っても、街中などではなく、水門。

しかもマイナーな水門。

 

持ち運んだカメラはX-Pro2とXF23mmF2(Black)の組み合わせ。

そして慣れないアクロスをマイナス0.7補正です。

 

出は早速。

 

f:id:akechichan:20190223203949j:plain

X-Pro2+XF23mmF2

水門に近づいてきました。

40年近く前に来た景色と変わっていません。

でも、その当時は橋は架かっていませんでした。

昔はもっと大きい水門、何やら魔界への入り口のような大きなものに感じていましたが、大人になって見てみると、まぁ普通の水門です。

大きいと言えば大きいけれど。

 

f:id:akechichan:20190223203942j:plain

X-Pro2+XF23mmF2

川面がギラギラしていましたが、モノクロで撮るとこの通り。

適度に落ち着いて撮れます。

奥に見える橋も、昔はあんなに立派ではなく、今にも壊れそうな橋だった記憶があります。

色々変わっているかも。

f:id:akechichan:20190223203935j:plain

X-Pro2+XF23mmF2

こちらが水門本体。なぞのキャラクターが書いてあります。そして奥には、謎の水路トンネル。

どこにつながるのか気になる。きっと魔界につながっているに違いありません。

モノクロで撮ると、漆黒の四角になるので、余計に目立ちますね。

f:id:akechichan:20190223203927j:plain

X-Pro2+XF23mmF2

水門をアップで。

ずいぶん昔から、上部の制御室みたいなところに人が入っているのを見たことがありません。

完全無人で動いているのかもしれませんね。

それにしても、こんなに大きな鉄の塊が動くとは、すごいです。

でも、一度も動いているところ、閉まっているところを見たことがありません。

増水時に閉めるようですが、増水時は川に近づくなと教えられたので、結局見るチャンスがなかっただけかも。

f:id:akechichan:20190223203921j:plain

X-Pro2+XF23mmF2

立ち入り禁止。

制御室の中がどうなっているのか気になる。

 

f:id:akechichan:20190223203913j:plain

X-Pro2+XF23mmF2

そしてこちらが、魔界へ通じるトンネル。

川上側なので、間違えて落ちても、トンネルの中に流されることはありません。

サイズ的には大型トラックが片側2車線で、4車線分あるサイズ。

どこにつながっているのだろう。

 

 

 X-Pro2にはこの本革カメラケースをつけています。

海外製ですが、私はα7、X-T1、GX8などで使ってきており、仕上がり・品質も良く、耐久性もありました。値段も安めですが、しっかりしたものなのでおすすめです。

 

X-Pro2本体はこちら。また値段が上がったり下がったりしていますね。 

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

 

 

レンズはこちら。換算35mm狙いだと、AFも早く、コンパクトで、高級感もあるのに安いのでお勧めです。