ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

独自視点でレビュー! Panasonic の 2本の12-60mm。LUMIX G VARIO 12-60mmと、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm。

みなさんこん○○わ。

いつもマイナーな機材ばかり紹介している私です。

 

本日は、Panasonicマイクロフォーサーズユーザが一度は迷う、12-60mmが2種類あるけど、どっちにすればいいの!?の、私の感想です。

かたや廉価な12-60mm、かたやLEICA銘の12-60mm。さて、どっちにしましょう。

 

 

<ポイント>

・見た目の質感ならLEICA

逆光描写とコントラスト重視ならLEICA

・使い倒し!雑な扱いなら、LUMIX G

・軽さならLUMIX G

 

さっそく、いつも通りの作例サンプルとともに紹介。

まずは冬の大阪から。GX8と組み合わせてブラブラ夜スナップ。

f:id:akechichan:20190225213900j:plain

GX8+LEICA 12-60mmF2.8-4

大阪駅の広場にて。

イルミネーションと雪だるま。道行く人が結構写真を撮っていました。

GX8+LEICA12-60mmの組み合わせはDualIS対応なので、シャッタースピードをかなり落としても手振れなしで撮れました。

ちなみに60mmF4のボケは、ある程度被写体と離れてしまうとこんなもの。

でもボケは綺麗だし、変な崩れ方をしないのが、LEICAレンズの良いところ。

 

f:id:akechichan:20190225213922j:plain

GX8+LEICA 12-60mmF2.8-4

つづいてこちら。梅田駅。

関東の人は、この茶色い直方体の列車が何本も並んでいる様子は、びっくりすると思います。

この独特の「マルーン色」も、LEICAレンズなら余すことなく映し出します。

 

f:id:akechichan:20190225213934j:plain

GX8+LEICA 12-60mmF2.8-4

つづいて吹雪の中の鉄道。

GX8のDFD、AFCの限界でした。

これ以上ふぶくと、さすがに手前の雪にピントが持って行かれました。

こんな状況でヘッドライトを食らっても、ゴーストなどは発生せず、安心して撮影できました。

あと防塵防滴も、こんな天候の時は安心です。

実際は濡れて壊れても保証は効かない気がするので、8万レンズはドキドキです。

 

f:id:akechichan:20190225213947j:plain

GX8+LEICA 12-60mmF2.8-4

こちらはあえて逆光構図。

さすがにここまで露骨に強い太陽光を食らうと、コントラスト強めには写りません。

しかし変なゴーストも出ず、それなりに撮れてしまうのが、LEICAレンズの良いところ。

ちなみにメタル感のあるGX8とメタルなLEICAレンズは、かなり高級感があり、父兄が多いところにぶら下げていっても、ちょっと優越感に浸れます。

 

f:id:akechichan:20190225213928j:plain

G9Pro+LEICA 12-60mmF2.8-4

続いてカメラを変えて、G9ProとLEICA

気のせいか、G9Proのほうが、空の白飛びが少ない気がします。

ちょっと絞ると、隅まできっちり解像。

f:id:akechichan:20190225213941j:plain

G9Pro+LEICA 12-60mmF2.8-4

こちらもG9ProとLEICA

青空も緑も、羊の暗部も綺麗に写っています。

適度なコントラストで、隅々まで高画質が、LEICAの持ち味でしょうか。

 

つづいて、ノーマル?のLUMIX G 12-60mmです。

こちらもGX8とともに旅に持ち出しました。

f:id:akechichan:20190225214018j:plain

GX8+LUMIX G 12-60mm

LEICAに比べて、若干色が淡い気がします。

また絞った場合でも、LEICAに比べると若干解像感は劣っている気がします。

その代わり軽い。

旅に持ち出し、鞄の中に無造作に放り込んでおくには、無印12-60mmはもってこいです。

さすがにLEICAレンズを無造作に扱うのは、ちょっと精神衛生上きつい。

 

f:id:akechichan:20190225214011j:plain

GX8+LUMIX G 12-60mm

つづいて逆光構図。

さすがに弱い印象です。

コントラストもかなり下がります。

逆光を避けて撮ればよいでしょうが、子供のシャッターチャンスは、時として逆光時も訪れます。

f:id:akechichan:20190225213958j:plain

GX8+LUMIX G 12-60mm

こちらは、それなりに撮れていそうですが、木の枝の付近に目立つパープルフリンジが出ております。LEICAレンズの時は気にしたことがなかったので、やはり無印は若干が質が劣っている印象です。

 

 

【感想】

やはりLEICAレンズは(パナ製だし日本製じゃないけど)高画質です。

逆光でも安心して使用でき、コントラストも適度に高く、そして周辺まで破綻なく描き出します。

鏡筒も金属製で高級感もあり、お金さえ「倍額」出せるなら、LEICAの12-60mmが買いだと思います。

高いだけのことはあります。

 

ただ、子供と泥だらけになりながら撮影する、とかの方は、精神衛生上、無印の12-60mmをおすすめします。

くっきりはっきりは撮れないですが、雰囲気を撮るチャンスには強くなります。

 

 

 LEICA SLレンズみたいなデザインも素敵です。

金属鏡筒で堅牢性も高く、防塵防滴。悪いところなしレンズ。

あえて言うなら、海外製なのに値段はちょっと高め。どうせなら日本製にしてほしかったかも。