ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

FUJIFILM X100Fがお気に入りすぎて、鉄道撮影も真面目にやってしまった。

みなさんこん○○わ。

いつもマイナーな機材ばかり紹介している私です。

 

さて今回は、X100Fが好きすぎて、鉄道撮影も真面目にやってしまった話です。

実際問題、X-Pro2とXF55-200mmをメインに持って行ったんですが、子供たちが「ここで撮りたい」と言った場所が、換算35mm位がちょうどよい場所だったので、急きょサブのX100Fで真面目に撮ったというのが落ちですが。

 

西武鉄道が気になった方は、こちらの本もどうぞ。

写真で見る西武鉄道100年 (NEKO MOOK 1876)

写真で見る西武鉄道100年 (NEKO MOOK 1876)

 

 

では早速、いつものように作例サンプルを。

f:id:akechichan:20190317173909j:plain

X100F without Telecon

まずは最初に来たレッドラッキートレイン(西武鉄道9000系)で試し撮り。

さすがにここまで晴れていると、iso200でもシャッター速度が限界近い。

露出オーバーの失敗と、AF外しを恐れて、今回はマニュアルフォーカスの置きピンで行くことに決定。

ピントを左の線路付近に合わせてから、MFでピントを固定。

F8、1/2000、iso800(DR400のため)、秒8コマモード。

いつもだと構図ずれを押さえてライブビュー可能な秒5コマで写すけれど、今回は構図固定でいくため、秒8コマ。

手前の架線柱付近から連写開始し、見事狙っていた構図で撮影。

 

f:id:akechichan:20190317173918j:plain

X100F without Telecon

続いてきた列車。

設定は先ほどと同じで、フィルムシミュレーションはPROVIA。晴れている日は青空が入る構図が気持ちいいです。

この次の列車が本命なので、もう一本練習までに撮影。

さすがにLED行先表示は切れてしまっている。

f:id:akechichan:20190317173924j:plain

X100F without Telecon

これが本命の西武鉄道新型特急、ラビュー。

しかし青空構図を狙いすぎて、下がギリギリ切れそうで失敗。

艶消し銀も見事に再現。

35mm、インカーブの撮影には良い感じに使えます。

 

f:id:akechichan:20190317173930j:plain

X100F without Telecon

こちらは同行した長男。

昔のマイクロフォーサーズ機で果敢に撮影。

本来的にはX100Fはこんな感じのスナップを撮るのが一番楽かも。

 

【感想】

スナップ向けと思われているX100Fですが、バリバリの動体編成写真となるインカーブの現場においては、良い感じで使えました。

AF追従させた場合は分かりませんが、35mmという点と、絞り目に撮る点を考えると、MFで置きピンでも問題ないと思いました。

そしてリーフシャッターのレスポンスはヘタな一眼レフカメラよりもかなり良く、「サササササササッ」と小気味良いシャッター音で連写できました。

 

望遠レンズ主体の鉄道撮影の際、道中のスナップや、さらにはインカーブの撮影など、X100Fは色々便利に使える相棒と思います。

 

ますますX100Fが好きになりました。

 

 

X100Fがお気に入りすぎて、換算50mmでも使おうとテレコン買ってしまった話題はこちら。

www.camera-numa.com

 

 X100Fがお気に入りすぎて、夜間鉄道スナップに挑戦した話題はこちら。

www.camera-numa.com

 

私のX100Fはシルバーモデル。本革ボディケースをつけると、オシャレな外観になるので、ちょっと散歩の際もオシャレアイテムとして使えます。 

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

 

 

私のX100Fはこちらのシャッターボタンをつけています。おかげでフィーリングもアップ!安いし、アクセントになり、おすすめです。