ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

富士フィルムXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISで桜撮影。

みなさんこん○○わ。

いつもマイナーな機材ばかり紹介している私です。

 

さて今回はX-Pro2とXF55-200mmで桜撮影をしてきました。

桜と言えば、NikonやCanonのカメラをぶら下げた方が多いですが、そんな中、X-Pro2をぶら下げて撮影してきました。

どこへ行っても、FUJIFILMは見かけませんでした!

う~ん、X-T3とか、売れてそうなんだけれど、見かけないんだよなぁ。

 

では早速、いつもの作例サンプルとともにコメントを。

f:id:akechichan:20190402201005j:plain

X-Pro2+XF55-200mm

中野区にある?有名な桜&鉄道撮影スポット。

混雑回避のために超早朝から撮影してみました。

お蔭で朝の優しい光に包まれて、良い雰囲気の写真になりました。

実際にはもう少し暗かったのですが、+1ぐらいになる露出で撮影しています。

 

f:id:akechichan:20190402201009j:plain

X-Pro2+XF55-200mm

こちらも同じ場所から。ラッピング車です。

構図やタイミングを迷ってしまい、微妙な一枚になりました。

まぁ記念撮影的な感じで。

 

f:id:akechichan:20190402201000j:plain

X-Pro2+XF55-200mm

続いてこちらも有名な撮影地。

良く見ると、後ろのほうの桜はまだ5分咲きでしたが、すぐ右側の桜はほぼ満開なので、それらしく見せることが出来ました。

ちなみにこちらはいつもの動体設定、AF-C+ゾーン中を位相差の右側+秒3コマ(でライブビュー)

換算前で135mmだったので、ギリギリ光学ファインダーでも撮れそうでしたが、無難にLVFにしておきました。

何枚か連写していますが、すべてピントはきています。

 

f:id:akechichan:20190402200955j:plain

X-Pro2+XF55-200mm

こちらは同じ場所で特急列車。

LEDのヘッドマークなので切れてしまっているのが残念です。

設定は同じで、すべてピントはきています。

f:id:akechichan:20190402200951j:plain

X-Pro2+XF55-200mm

こちらも同じところ。

設定上、露出を+1強したことで、明るめの写真に仕上がりました。

わざとらしいですが、これぐらいのほうが、桜が華やかに見えて良いかもしれませんね。

適正露出~+1ぐらいだと、なんだか証拠写真的な雰囲気に感じてしまいます。

 

f:id:akechichan:20190402200947j:plain

X-Pro2+XF55-200mm

つづいて、鉄道ではなく、公園にあった桜の木。

ここにだけ生えていて、1本だけなので、存在感がありました。

足を止めて見たり、写したりしている人も多く、その人たちの後ろ姿とともに写してみました。

 

【感想】

X-Pro2+XF55-200mmの鉄道撮影はかなり慣れてきたので、動体追従はすべて余裕でした。

また踏切を直角に見ている写真については、MF置きピンで、光学ファインダーで覗きながらタイミングを計りました。

望遠レンズ装着の場合、光学ファインダーでは、フレームがかなり小さく表示されますが、フレーム外が良く見えるため、列車の連結部や先頭部をタイミングよく写す時に便利でした。

 

桜を撮っていて思ったのが、若干遠景になると、解像がいまいちかもしれないということ。

遠景をぼかしてしまう場合はむしろ良いですが、遠景を解像するのは苦手そうな気がします。

陽炎の可能性もありますが、寒い早朝でも変わらないので、可能性高いです。

もう少し様子を見てみようと思います。

 

 

XF55-200mmはまだMade in Japanレンズ。最近F2レンズや標準ズームが相次いでフィリピン産になってきていますが、今のところまだ大丈夫そう。

狙っている方(で日本製に拘る方)は、お早めに! 

FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS

FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS

 

 

 そのほか、XF55-200mmで鉄道撮影した日記はこちら。

www.camera-numa.com