ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

程よい距離感!フジノンレンズ XF35mmF1.4 Rで子供ポートレート

みなさんこん○○わ。

いつもマイナーな機材ばかり紹介している私です。

 

さて今回は、富士フィルムXFのオールドレンズであり神レンズである、XF35mmF1.4です。組み合わせるボディ次第でAF速度が雲泥の差となるリスクはありますが、引き換えに素晴らしい描写です。

ポートレートと言うと、XF56mmF1.2に行ってしまいがちですが、XF35mmF1.4でしか出ない程よい距離感、おすすめです。

 

【ポイント】

  • ボケが綺麗でピント位置は繊細な描写
  • 子供を撮る際に程よい(近)距離感
  • 見た目もオールドレンズなのでオシャレに見える
  • 金属ボディで高級感たっぷり

 

では早速、いつものサンプル写真とともにコメントしていきます。

f:id:akechichan:20190601000031j:plain

X-E1+XF35mmF1.4

もう、見てください、この神々しい感じ。

ピント面は繊細で、そのほかがふわっとして、良い感じが出ています。

逆光気味で撮影していますが、良い雰囲気のゆるふわさが出ました。

 

 

f:id:akechichan:20190531235957j:plain

X-E1+XF35mmF1.4

続いて室内で猫ポートレート。

毛並みもしっかり、ボケは前後も綺麗です。

35mmだとそれなりに被写体に近づくので、余計なものはボケで消せるのです。

 

f:id:akechichan:20190531235936j:plain

X-T10+XF35mmF1.4

続いて屋外。手が届くか届かない位置から、このサイズで撮影できます。

56mmF1.2だとそれなりに離れないとバストアップが撮れませんが、人が多いところや危険がありそうな場所では、小さい子供と離れたくないですよね。

そんな時、35mmは良い距離感なんです。

23mmだと、少し歪んでしまうのです。

 

f:id:akechichan:20190531235940j:plain

X-T10+XF35mmF1.4

子供だと(被写体が小さいので)近くに寄れるので、背景もバッチリボケます。

ボケも自然で綺麗にボケるので、違和感はありません。

またピントを合わせた目は、まつ毛がしっかり繊細に写っています。

富士フィルムの発色もあり、肌がもちもち綺麗です。

f:id:akechichan:20190531235944j:plain

X-T10+XF35mmF1.4

時にはこんな構図も。手前のボケがうるさくなくていい感じです。

でも、水には弱いので、こういう時は35mmF2が安心ですね。

ちなみにこの撮影の際は、特に濡れることはありませんでした。

 

f:id:akechichan:20190531235949j:plain

X-T10+XF35mmF1.4

レストランでの食事中。テーブルの向かい側から、すこしだけテーブルの上に手を伸ばして撮影。(チルト液晶使用)

抜群の距離感によって、席から立ったりせず、このサイズで写せます。

富士フィルムのカメラのオシャレさと相まって、35mmF1.4をつけたカメラは、フィルムカメラのようないでたち。

シャッター音をバシバシ鳴らさなければ、こういう場所でも溶け込めます。

 

 

f:id:akechichan:20190531235953j:plain

X-T10+XF35mmF1.4

ちなみに、子供と旅行に行った際も、こういう写真も撮れます。

絞れば画面全体しっかりくっきり。

クッキリの中にも、繊細さが残っています。

 

【感想】

富士フィルムユーザーなら、必ず持っていて損はないレンズです。

使用場所と被写体によってはXF35mmF2が便利な時もありますが、両方持っていても使い分けは明確にできるので、迷っている方は両方買ってしまうのもアリかと思います。

ちなみに私は両方持っていて、35mmF2が6対、35mmF1.4が4ぐらいの割合で持ち出しています。

 

▼XFレンズの同焦点距離比較などの特集が面白かったです。

www.camera-numa.com

 

▼XF35mmF1.4はお勧め神レンズ

FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R

FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R