ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

ポーレート最強!フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR(もう一度買いたい)

みなさんこん○○わ。

いつもマイナーな機材ばかり紹介している私です。

 

さて今回は、富士フィルムの単焦点XF90mmF2です。

以前持っていました

マウント替えするときに手放してしまいましたが、Xシリーズに戻ってきた今、次のボーナス時の購入候補ナンバーワンです。

という事で、自分のライブラリの中を見返しながら、「自分で買うモチベーションを上げるため」にいくつか過去写真をピックアップ!

ついでなので、日記でも紹介します。

 

【ポイント】

  • 圧倒的なボケの綺麗さ
  • 防塵防滴の安心感
  • 鉄鏡筒の高級感(でもフードはプラで残念)
  • 超速AF

では早速、サンプル写真とともにコメントを。

f:id:akechichan:20190602203248j:plain

まずはリスくん。

ポートレートと言えば、女性と思われていた方は失礼いたしました。

私の主被写体は子供とリスなので、まずはカワイイ、リスくんからとしました。

リスは座っていると、大人の手のひら位のサイズですが、意外にも撮影倍率が高いため、ここまで寄ることが出来ます。

またF2と90mmという焦点距離のおかげで、ピント面以外は圧倒的なボケで飛ばすことが出来ます。

ハーフマクロレベルの寄りが不要な人は、AF速度など汎用性を考えて、こちらのレンズにするのがおすすめです。

 

f:id:akechichan:20190602203254j:plain

続いて子供の写真。

ピントが来ているまつ毛が分かるよう、すこしだけ目線を外しました。

ピント面は繊細でピキピキな解像。肌のモチモチ感も残しつつ、描写しているところがこのレンズのすごいところ。

抜けもよく、ボケも綺麗、AFも早くて、防塵防滴。何も悪いところがないレンズです。

 

 

f:id:akechichan:20190602203242j:plain

続いて、手前ボケと背景ボケが分かるような構図で。

前ボケも後ろボケもうるさい感じにはならず、使いやすいです。

例えば手前に花を持ってきて、後ろに人物という構図でも、綺麗な色遣いの写真が撮れます。

 

f:id:akechichan:20190602203236j:plain

続いてやや離れたところから。

このぐらいの距離を取れば、背景もボケでは飛ばず、若干雰囲気が分かる写真になります。

 

f:id:akechichan:20190602203228j:plain

続いて動体。

AFが速いので、まずピントは外しません。

これ以外にストライダーをする子供や、線路際での鉄道撮影等も試してみましたが、カメラ本体のAFが追いつく限りは、AFに不満を持つことは無いレンズです。

当時はX-T1やX-T10で試していたので、X-T2やPro2、T3等であればさらにそのAFを活かせると思います。

 

 

【感想】

  • やはり鉄鏡筒が質感が良い。本当の意味での”望遠”単焦点レンズに見える(XF56mm比)
  • 堅牢かつ防塵防滴なので、悪天候時も持ち運ぼうと思える
  • AFが速いので、AFでストレスがたまることは無い
  • 近くも遠くも撮れるので、意外に汎用性が高い
  • 買うしかない。。。

 

XF90mmF2、おすすめです。

私はボーナスで買い戻す気満々ですが、そうするとほぼ同じ口径のXF56mmF1.2が路頭に迷いそうなので、少し迷っています。

 

 ▼MadeInJapanクオリティの鉄鏡筒。カメラにつけてみているだけでも幸せになれます。

FUJIFILM 単焦点望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR

FUJIFILM 単焦点望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR