ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

スナップ撮影に最適なフジノンレンズ XF18mmF2 R

みなさんこん○○わ。

いつもマイナーな機材ばかり紹介している私です。

 

さて今回は富士フィルムXシリーズの原点レンズである、フジノンレンズ XF18mmF2 Rです。

独特の角形フードもかっこいいですが、フードなしだとパンケーキ(二近い)ので、X-E3やX-E2等につけると、かなりコンパクトになります。

新品で買うとまだ高いですが、もう一方のパンケーキレンズであるXF27mmF2.8に比べると、見た目や操作する際の高級感が違いますので、値段相応の作りです。

 

【ポイント】

  • 言うほど周辺画質は悪くない
  • 換算27mmなので子供スナップや散歩スナップに便利
  • F2と明るめなので、薄暗い室内でも安心
  • 絞りリングがある幸せ(XF27mmは無くて不便)

では早速、いつものサンプル写真とともにコメントしていきます。

f:id:akechichan:20190611204813j:plain

防塵防滴ではないものの、コンパクトなので、雨の日もポケットに入れてさっと出して、サッと撮れます。こんな風な縁日などでも、警戒されずにスナップ可能。

 

f:id:akechichan:20190611204807j:plain

思ったほど周辺画質は悪くありません。

またフィルムシミュレーションの効果もありますが、コントラストも高めの描写です。雨の日や薄暗い日でも安心。

 

f:id:akechichan:20190611204819j:plain

換算27mmなので、使い方を間違えると、こんな風に微妙な広角写真になります。

私が使いこなせてないだけですが、縦撮りの子供スナップが一番使いやすいかも。

 

f:id:akechichan:20190611204801j:plain

続いて、狭い車内。

2ドアクーペの後席に取り付けたチャイルドシートと子供を、運転席から振り返ってパシャリ。換算27mmはこんな感じで写せます。

距離が近めのスナップに最適な画角だと思います。

 

 

f:id:akechichan:20190611204823j:plain

続いて屋外。被写体のかなり近くから撮ることになるので、広角レンズでもF2で十分ぼかすことが出来ます。

またボケ過ぎないので、周囲の雰囲気もわかるので、子供スナップに最適。

 

f:id:akechichan:20190611204826j:plain

こちらは室内でのバースデーケーキ。

室内灯は若干暗めにして、ローソクの光で写しています。

F2開放で撮っても破綻しないので、ISO値があまり高くならず、綺麗な画質で残せます。キットレンズとレッドバッジは16や18mmから撮れますが、いずれもF2.8となるので、わずか1絞りではあるものの、明るく写せるのがメリットです。

 

 

f:id:akechichan:20190611204832j:plain

続いて小動物。画面周辺のボケもそれほどいびつにならず、うるさいボケにもならないので、さすがは単焦点といったところ。

 

【感想】

キットレンズやレッドバッジを持っていると、存在価値を考えてしまう18mmF2ですが、コンパクト、抜けの良さ、明るさを考えると、住み分けていけるレンズだと思います。X-Pro2と組み合わせて角形フードをつけても似合いますし、X-E2やE3とフードなしで組み合わせ、とことんまでコンパクトに持ち出すもよし。

おすすめのレンズです。

 

 ▼新品だと意外に良い値段しますが、質感はさすが!初期レンズは良いですよね。

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF18mmF2 R

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF18mmF2 R

 

 

 

▼並行輸入品もあるようですが、XF27mmの並行輸入品ほど、お得感は無いかも。 

Fujinon XF 18mm F2 R [並行輸入品]

Fujinon XF 18mm F2 R [並行輸入品]

 

 

 

▼参考日記です。

 

www.camera-numa.com

 

 

www.camera-numa.com