ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

子供スナップにちょうどいい距離感 フジノンレンズ XF23mmF2 R WR

みなさんこん○○わ。

いつもマイナーな機材ばかり紹介している私です。

 

さて今回は、換算35mmとなる富士フィルムの23mmF2レンズです。

何度か子供スナップに用いてきましたが、今回もX-Pro2GraphiteEdition+23mmF2をぶら下げて、子供と散歩してきました。

 

【ポイント】

  • 換算35mmだと手の届く距離で良い雰囲気に撮れる
  • F2と侮るなかれ。ちょうどよくボケる
  • 防塵防滴の安心感
  • AFも早く、顔認識と組み合わせると最強

 

では早速、いつものサンプル写真とともにコメントを。

f:id:akechichan:20190630125335j:plain

X-Pro2GraphiteEdition+XF23mmF2

手は握っていませんが、すぐに子供の手を握れる距離。

これが換算35mmの画角・距離感。これが換算50mmだと、少し離れる必要があるため、止まっている列車とはいえ、ホームだと少し怖い。

子供と散歩しながらのスナップには、この距離感が良い感じです。

そしてF2でこの距離でも、このぐらいボケます。

完全にボケるわけではなく、かといってクッキリでもなく、その場の雰囲気が分かる写真が簡単に撮れます。

 

f:id:akechichan:20190630125331j:plain

X-Pro2GraphiteEdition+XF23mmF2

ちなみに線路を挟んだ先の新幹線を撮影。

換算50mmだとここまでは写らず。適度に広めに写ってくれるのが、23mmの便利なところ。

 

f:id:akechichan:20190630125340j:plain

X-Pro2GraphiteEdition+XF23mmF2

東京駅の内部の天井を撮影してみました。

F2でも遠距離であれば画面隅までくっきり。

そしてF2なので、あまりISOが上がらず綺麗。

ズームレンズではないので、変な歪曲もなく、直線が綺麗です。

 

 

f:id:akechichan:20190630125350j:plain

X-Pro2GraphiteEdition+XF23mmF2

こちらは東京駅正面でスナップ風に。

 

 

f:id:akechichan:20190630125355j:plain

X-Pro2GraphiteEdition+XF23mmF2

子供が東京駅のレンガを触りたがったので。

この距離でも背景はボケます。

23mmF2とはこういう感じです。

相手が子供で、この距離感で撮影するのであれば、23mmF1.4を買わなくてもいいかもしれませんね。

 

f:id:akechichan:20190630125345j:plain

X-Pro2GraphiteEdition+XF23mmF2

こちらは左手で子供の手をつなぎながら、右手でブラインド撮影。

子供と手を離せないようなシチュエーションでも、このぐらいの距離感で撮れます。

換算50mmのレンズだと、この距離でブラインド撮影はかなり難しいです。

 

【感想】

冒頭にポイントに記載しました通り、子供と手をつなぎながらや、常に手をつなげる距離で撮影したい場合に、23mm(換算35mm)は非常に良い距離感でした。

またX-Pro2の顔認識AFでも、位相差エリア外であっても、XF23mmのAFが速いため、ピンボケ写真はほぼありませんでした。

子供との散歩の際は、おすすめのレンズです!

 

▼過去にも23mmで子供スナップしてます。

www.camera-numa.com