ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

XF35mmF1.4が子供撮り最強になる!?X-T3のオートフォーカス。

みなさんこん○○わ。

いつもマイナーな機材ばかり紹介している私です。

 

さて今回はX-T3とXF35mmF1.4の組み合わせでの子供スナップの話題です。

何かとオートフォーカス性能が高いと言われているX-T3ですが、激遅・激神レンズのXF35mmF1.4と組み合わせたら、果たして子供撮りに使えるのか、試してみました。

 

なお今までは、X-Pro2+XF35mmF2(こちらはAF早い)で子供撮りしていました。

 

【ポイント】

  • 離れていてもバリバリ瞳AFが食いつく
  • AFCでフォーカス優先だとほぼピント甘写真無し
  • AF速度が体感で35mmF2並みになる
  • 画面全面AFは動き回る子供に非常に便利

 

ポイントに記載の通り、もはや何も言う事はありません。

笑っちゃうぐらい、XF35mmF1.4のオートフォーカスが決まりますし、AF-C+顔/瞳認識で追いかけまくります。

f:id:akechichan:20190727192314j:plain

この距離なら当然ピントは合いやすいですし、顔+瞳認識はしやすいですが、ぱっと子供にカメラを向けて、シャッター半押しの瞬間、迷わずこの状態で撮影できます。

手前の瞳にピントが来ているのが分かるよう、ちょっとだけ目の黒い網掛け外しました(笑)

 

f:id:akechichan:20190727192318j:plain

逆に、このぐらいの距離でも、結構な確率で顔認識します。

実用上、このぐらいから手前で顔認識してくれれば、困ることはありません。

 

 

f:id:akechichan:20190727192322j:plain

こちらもX-T3にかかれば、XF35mmF1.4でも余裕。

X-Pro2だと、位相差AF外になるため、AFの速い35mmF2や23mmF2ならばなんとかなりますが、XF35mmF1.4やXF56mmF1.2だと、若干迷ってから外すパターン。

さすがは全面位相差AFです。

 

f:id:akechichan:20190727192325j:plain

やや横顔ではあるものの、こちらも瞳認識が食いついていました。

f:id:akechichan:20190727192329j:plain

子供が突然ダッシュ!でも、しっかりAFは食いついていました。

オートフォーカスの遅いイメージのあるXF35mmF1.4ですが、性能を余すところなく絞り出して、迷いなく合う事で、体感的な速度が速く感じます。

 

【感想】

以前使っていたX-T3ですが、やはりこのAFは子供撮りで非常に楽できました。

顔認識(や瞳認識)が無いと、子供撮りは単調な構図になってしまいがちですが、画面全面で実用的なピントが合うこの機能は、非常に便利。

特に最近はD3やD810で頑張ってAFポイントをちょこまか動かしていたので、何もせずとも顔の位置でAFが合うのはうれしいです。

 

なおX-T3と同様の性能のX-T30もありますが、私はこの「縦位置チルト」と「防塵防滴強靭ボディ」が欲しかったので、X-T3にしました。

縦位置チルトは、背の小さい子供を自然に縦位置に撮るときには非常に便利。ついていないとしゃがんで撮る必要があります。

また防塵防滴強靭ボディは、子供を優先して、おまけのようにカメラを扱う人には必須。子供の飲み物や子供の水遊びがカメラにかかったら大変。そして階段や足のすべりやすい場所では、カメラよりも子供を守るので、カメラの扱いが雑になる場合があります。

それを気にせず持って行けるのと、気にしないと持てないのでは、子供撮りの際は圧倒的に心理的負担が違います。

 

 

 

 ▼ちなみにX-Pro2とXF35mmF2での子供スナップはこちらの日記から。

www.camera-numa.com