ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

(衝動買い)Cランク:難有品の富士フィルムX-E3を買ってみた話

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

 

さて今回は、Cランク:難有品と書かれていた中古のX-E3blackを買った話です。

保証なし!なのに数万円するものを買うという、かなりリスキーでチャレンジングでネタになりそうな話題。

時系列にポイントを記載します。

 

【ポイント(というか言い訳)】

  • (カメラ以外の)色々不要なものを売ったところちょっとお金が出来た
  • X-A5やX-T100の中古を見るもレスポンスがいまいち
  • やっぱりX-E3が良いかなぁ。
  • でもX-E3の中古は綺麗なものだとどれも5万円台後半から6万円
  • かといって、もうほしいレンズはあんまりない
  • みんなの防湿庫のネットを見ていたら、Cランク:難有品を発見
  • 4万円台だけれど、見た目はなんだか超綺麗
  • どうやら「ゴミ写り込みあり」だけでCランクっぽい
  • 見に行った
  • 超綺麗だった。元箱あった。ゴミ写らなかった
  • 気づいたら袋持って帰宅していた(いまここ)

 

という事で、中古なので開封を端折りながら、いつもの画像とコメントを。

f:id:akechichan:20190816172658j:plain

みなさんの防湿庫です。

あ、ちなみにうちにも防湿庫はちゃんとあって、今のところ収まっています。

買った当時、(沼にはまる前提で)わざわざ5段式にしておいてよかった。

 

f:id:akechichan:20190816172702j:plain

こちらが外箱。全然綺麗。

ちなみに付属品も全付き。ストラップやストラップリングなどは未使用っぽい。

f:id:akechichan:20190816172705j:plain

でも、結局箱から出すのはこの二つ。

本体とバッテリーのみ。充電器はもうたくさん持っているし、ストラップはどうせ他のものに変えるし、クリップオンストロボはでかいの持っているし、そもそも付属の奴もいっぱい持っている(笑)

 

 

f:id:akechichan:20190816172710j:plain

どう見ても綺麗。外装だけならA美品。

角の色剥がれもなく、ゴムの劣化・すり減りもなく、そもそも擦り傷もなし。

 

f:id:akechichan:20190816172714j:plain

正面も綺麗。

ゴミ写りありと書いてあったものの、お店でF16・過剰露出で試した限り、何も映らず。お店の人も試したけれど、やっぱり写らず。

保証なしとはいえ、これはラッキーか!?

f:id:akechichan:20190816172719j:plain

という事で、いつものセットを早速装着。

液晶保護は、タッチパネルという事もあって、いったんフィルムにしてみました。

いつもの保護ガラスも、そのうち試してみたいかも。

 

▼ちなみにいつものメーカーの液晶保護ガラスもしっかりX-E3用あります。今度買っておきます。

 

f:id:akechichan:20190816172722j:plain

色々装着して、XF35mmF2と組み合わせ。

X-Pro2とだとベストマッチなXF35も、X-E3だと若干大きく感じる。

とはいっても、それほど違和感はない。

いい。ミニマルかっこいい。

f:id:akechichan:20190816172725j:plain

ピークデザインのアンカーをつけていましたが、色々つけてみて、今回は結局Curaの普通のストラップに変更。

ピークデザインのストラップの本数が少なく、毎回付け替えるの面倒なので辞めました。

そのうち、もう1本リーシュを買っておきたい。

▼もう一個買っておきたいな。ミラーレスにはリーシュがちょうどいいサイズ感。 

 

f:id:akechichan:20190816172732j:plain

ぶら下げるとこんな感じ。

ミニマルかっこいい!(2回目)

f:id:akechichan:20190816172737j:plain

持ち運び時の分厚さを考えて、今度は18mmF2も装着。

こちらもこちらで、ありな見た目。コンパクトフィルムカメラみたい。

 

f:id:akechichan:20190816172743j:plain

カッコいいです。

しかし、LEICA15mmF1.7を装着した、LUMIX GX7mk3に見えなくもない(笑)

 

 

f:id:akechichan:20190816172747j:plain

X-Pro2はボディジャケット付とは言え、かなりのサイズ差。

そもそも、手に持った時の軽さも、断然X-E3が軽い。

なにより、ライブビューで「秒5コマ」撮れるのは、X-E3の意外な長所。(X-Pro2はライビュー秒3コマ、ちなみにX-T3はノーマルだと秒5.7コマだった気がします)

 

 

【感想】

自宅で試写してみて、33000ショット程度あることが判明。

初級~中級機のミラーレスだと5万ショットでシャッター寿命という話を過去に聞いたことがあるけれど、X-E3はどうなんだろう。

ただ、各部のすり減り位等を見る限り、全く酷使していないように見えるので、もしかすると電子シャッターで連写している可能性もあり。

 

保証は無いにせよ、4万円中盤で見た目美品のX-E3が買えたので、これはアタリだったと考えたい!

 

▼ちなみに新品のX-E3はこのぐらい。

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-E3シルバー X-E3-S

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-E3シルバー X-E3-S

 

 

ちなみに、カメラを店頭で吟味している際に、店員さんが言っていた言葉。

確かに見た目は美品ですが、ゴミ写りCランク(保証なし)と判断した時点で、各部チェックをやめている可能性があるので、しっかり店頭で動作確認することをおすすめします。だそうで。