ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

富士フィルムX100Fで子供と街歩きスナップ

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

 

さて今回は、子供と散歩ついでにスナップ撮影してきた話です。

相変わらずスナップ撮影の技術が上がりませんが、X100Fの発色や、子供との距離感などを参考にしていただければと思います。

 

まずは池袋界隈。

特に目的もなく、ブラブラと。

f:id:akechichan:20191106204246j:plain

渡り廊下のカラフルな奴を、カラフルに撮れるか!?と思いきや、中途半場に終わりました。このぐらいの距離感であれば、23mmでもそれほど歪曲は目立ちません。

 

f:id:akechichan:20191106204252j:plain

こちらはやや見上げているため、若干歪曲が気になります。

どうすれば、建物を綺麗に写せるんだろう。(もっと近づいて、一部だけを切り取ればいいのかも)

f:id:akechichan:20191106204257j:plain

たまにはACROSでモノクロ。

何となくおどろおどろしい?雰囲気を感じたゲーセン。

さすがに小さい子連れは怖かったので、スルーです。

f:id:akechichan:20191106204301j:plain

こちらは駅スナップ。

危ないホーム上でも、左手で子供の右手を握りながら撮影。

23mmの距離感はこんな感じ。

顔認識AFでばっちり顔にピントが来ます。

ダメなカメラだと、ピースサインにピントが来ちゃいますが、X100Fはちゃんと顔にピントが来ました。

 

f:id:akechichan:20191106204307j:plain

続いて良くあるスナップ。

所沢駅構内にあったので、何となく撮ってみました。

こんな時、23mmならばそれほど遠くまで下がらなくて良いので、子供も安心してピースサインに応じてくれます。

ちょっと距離が遠くなると、途端に心細くなり、撮らないで行く・・・とか言われるので、そういった意味で「子供とはちょうどいい距離感」で撮れるレンズです。

f:id:akechichan:20191106204313j:plain

こちらは所沢の街をブラブラしていたら見かけた工事現場。

青空が綺麗です。

が、やはり見上げる構図だと上が窄むので、私としては気になるところ。

f:id:akechichan:20191106204319j:plain

踏切にて。

自転車で待つ女性と、車両に描かれたアニメ?がなんとなく被っていたので、サッと構えて撮ってみました。

こんな時、「サッ」と構えて撮れるので便利・・・とか言いますが、実際には位相差AFポイントのみに絞りつつ、AF-Sとかで撮らないと、意外に迷ったりしますX100F。

慣れれば、とっさの時にピントが合う設定にできます。

 

f:id:akechichan:20191106204324j:plain

こちらも良くある、影写真。

こんな感じで、左手で子供の手を握りながら、右手のみでX100F撮影が気軽にできます。

 

<感想>

コンパクトで軽量。見た目もオシャレ。画角から来る子供との距離感も最高。

やはり子供との散歩カメラとしては、かなり良いです。

ただし、ピントが瞬時に決まるわけではないので、「瞬間でのピント命」の人は、PanasonicのGX7mk3+LEICA15mmF1.7のほうが、幸せになれるかもしれません。

 

 

www.camera-numa.com

 

 

▼そのほか、X100F関連の記事です。

www.camera-numa.com

 

 

 

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S