ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

X-Pro3(DRブラック)にX-Pro2用ハーフケースをつけてみる。

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

 

さて今回は、手元に落ちていたX-Pro2用ハーフケース(ボトムケース)が、X-Pro3に装着できるのかを試してみた話です。

X-Pro2から買い替えた方、手元にお高い本革ハーフケースとかありますよね

X-Pro3出てから1カ月経つのに、まだX-Pro3用ハーフケース出ないなぁとか、やきもきしますよね。

 

なので試してみました。

 

<ポイント>

  • サイズはピッタリ
  • 三脚ネジ穴もピッタリ
  • バッテリーケース部もピッタリ
  • 隠し液晶が、文字通り使えなくなる超スパルタン!
  • メディアスロット2が取り出せない1しか使わなければいいじゃん!
  • 流用は諦めたほうが良い.....

では早速、検証画像とコメントを。

f:id:akechichan:20191219220020j:plain

右下にあるのが、部屋の隅に転がっていた、X-Pro2用のボトムケース(ハーフケース)

X-Pro2を購入当時、とりあえずボディ保護のためにAmazonで買った、激安ニセ革品。

サイズ的には、X-Pro2にはピッタリの物でした。

 

f:id:akechichan:20191219220025j:plain

裏面はこんな感じ。

バッテリーケースもしっかりと蓋するタイプ。

f:id:akechichan:20191219220029j:plain

装着すると、前から見たらピッタリ。

フォーカス切り替えスイッチも見事にピタリ。

グリップ部の盛り上がりフィット感もバッチリ。

三脚穴でのネジも、ピッタリ。

X-Pro2と同寸じゃないのかと疑うレベル

 

期待が膨らみます。

f:id:akechichan:20191219220038j:plain

背面。

一見、綺麗に収まっている。

各ボタンも問題なく押せる。

 

f:id:akechichan:20191219220043j:plain

ところが、隠し液晶を開こうとすると、液晶下部のヒンジ部が、ボトムケースと見事に干渉

液晶下面部が、かなり切り欠いていないと開かなそう。

 

X-Pro3は「写真撮影の原点に立ち返り」「液晶を見ずにファインダーのみ」「結果を楽しむもの」というスパルタンなコンセプトですが、このケースをつけたら、どんなに液晶で見たくても、見えません!

f:id:akechichan:20191219220048j:plain

続いてバッテリーケース部。

ピッタリサイズです。バッテリー蓋を開けても、ぴったりフィット。

ちゃんとバッテリーが交換できました

f:id:akechichan:20191219220053j:plain

メディアスロット。

微妙。

1スロット目のSDカードは出せますが、2スロット目は途中までしか出せないため、交換できません。

普段からバックアップ保存にしているので、実際に取り出すのはスロット1のSDカードだけですが、それでも精神衛生上あんまりよくない感じ。

 

<結論>

X-Pro2用のハーフケース流用は難しいです。

隠し液晶利用を「完全に」諦められる剛の者は、X-Pro2用でもなんとかなるかもしれませんが、たまにチルト液晶でローアングル・子供目線で写真を撮りたい私には、受け入れられませんでした。

 

ハーフケース装着を狙っている方は、純正のボディスーツか、対応品が出るまで待ったほうが良いでしょう。

私は、チタン外装が固いと信じて、今回はハーフケース無しで使ってみようと思っています。

 

 ▼発売日1日前に買った話。

www.camera-numa.com