ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

X-Pro3をオシャレにしたい!AmazonでXF23mmF2用スクエアレンズフード買った話

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

 

さて今回は、X-Pro3のカタログにイメージ写真?チタン機の対比写真?として載っている、富士フィルムTX-1に装着されている、ハッセルブラッド銘レンズのフードかっこよすぎて、真似してみたくなって、スクエアレンズフードを買ってみた話です。

 

スクエアレンズフードと言えば、純正のXF35mmF1.4、XF18mmF2等にも付属していますが、XF23mmF2やXF35mmF2のオプションメタルフードは、実用性もある穴あきのリングフードなので、これをカッコよくしたかったのです。

 

f:id:akechichan:20191223213715j:plain

X-Pro3のカタログ中にあるこの写真。上のTX-1に装着しているハッセルブラッドレンズに、メタルスクエアフードが付いている。

なんだかかっこいい。

 

 今回買ったのはこの商品。XF35mmF2やXF23mmF2に対応しています。

 

では早速、開封画像から。

f:id:akechichan:20191223213856j:plain

いつものAmazonメール便で届きました。

海外品はヘタすると、パッキンのみで直接商品が包まれて届く場合がありますが、今回はちゃんと紙の箱に入っていました。

f:id:akechichan:20191223213901j:plain

どうやら中国製らしい。シンセンとか書いてある。

それにしてもHaogeって何て読むんでしょうね。

f:id:akechichan:20191223213905j:plain

恐る恐る箱を開けると、メタルレンズフードが入っていました。

箱の中にも緩衝材が入っており、一応しっかりしています。

 

f:id:akechichan:20191223213802j:plain

箱から取り出し。

フード取り付け指標とにしっかりとメーカー名が入っています。

Haoge。ちなみにLH-X35の通り、XF35mmF2にも対応しているようです。

f:id:akechichan:20191223213808j:plain

こちらは、別の角度から。

手触りも「メタル感十分」で、変なバリとかもなく、塗装もしっかりされているので、高級感はあります

f:id:akechichan:20191223213814j:plain

純正と並べてみました。

質感は負けていません

ちなみに内側にネジ3か所とおそらく6角ネジ?で止められており、(推測ですが)バヨネットがずれている場合に、ここで角度を調整できるような気もしています。

私が買った商品は、純正と全く同じ位置でバヨネットが固定されていたので、特に何もせずにそのまま正しい位置につけられました。

 

f:id:akechichan:20191223213821j:plain

こちらは純正オプション丸形フード装着状態のX-Pro3とXF23mmF2

f:id:akechichan:20191223213826j:plain

そしてこちらが、今回のスクエアフード装着後のX-Pro3とXF23mmF2。

う~ん、思った通りにカッコよくなった!

f:id:akechichan:20191223213829j:plain

続いて、カタログと同じような角度で。

これはカッコいい。

質感も十分なので、4000円の値段にも納得です。

ちょっとぐらいぶつけても壊れなさそう。

Haogeのロゴ側「の正反対」でも取り付け可能です。

Haogeのロゴを目立たせたくない方は、反対側でバヨネット装着すれば問題なし

わざわざ黒ペン(笑)とかで消さなくてOK。

f:id:akechichan:20191223213833j:plain

ちなみにHaogeのロゴを上面に持ってくるとこんな感じ。

私は逆向きにすることにしました。

 

f:id:akechichan:20191223213837j:plain

ちなみにこちらが純正丸形フード。

これはこれでかっこいいけれど、スクエアフードを見てしまうと、カッコよさは負けてしまうかも。

f:id:akechichan:20191223213842j:plain

ちなみに純正丸形フードは光学ファインダーを覗いた際のケラレも十分考えられており、写真の通り隙間から正面が(一部)見えるようになっています。

f:id:akechichan:20191223213846j:plain

こちらがスクエアフード。

当然切り欠きなんてないので、しっかり蹴られます。

EVF主体の場合や、この程度のケラレは許容範囲!という方には、十分と思います。

f:id:akechichan:20191223213851j:plain

なおスクエアフード装着状態でも、フィルター枠は十分露出しているので、フィルターも装着でき、レンズキャップも装着できます。

 

スクエアフードに憧れて、ダメもとで社外品を買ってみましたが、これはアタリでした。光学ファインダー撮影時のケラレはあるものの、見た目がそれ以上にかっこいいので、良しとしましょう(笑)

 

ちなみに商品検索したら、XF35mmF1.4、XF18mmF2に使えるのも出ているらしい。

やばい、買ってしまいそうだけれど、XF35/XF18は純正の角形フードもあるので、そっちで我慢だ。(純正もかっこいいし)