ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

メタルスクエアフードに憧れてXF50mmF2用も買ってしまった話

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

 

さて今回は、XF50mmF2用のメタルスクエアフードを買って試した話です。

以前、XF23mmF2用のメタルスクエアフードを試してみましたが、思いのほかカッコよかったので、今回は50mm用も買ってみたのです。

 

 ▼今回買って試したのはこちらのフード。

 

 

<ポイント>

  • XF50mmF2の純正フードはプラの茶筒型
  • 純正はスリムだけれどX-Pro3で使うとちょっと微妙なマッチング
  • XF23mmF2用のメタルスクエアフードのメーカーが50mmF2も出していることに気づいた
  • 年末で暇なので思わずポチっとしてしまった
  • Amazonで届いた(いまここ)

では早速、開封画像から。

f:id:akechichan:20191229205631j:plain

いつものHaoge製。

前回の23mmF2用もバリもなく、クオリティは高かったので、安心して購入できました。

f:id:akechichan:20191229205636j:plain

中国製です。

f:id:akechichan:20191229205643j:plain

こちらも23mmF2と同様に緩衝材と袋にメタルフードが入っていました。

f:id:akechichan:20191229205648j:plain

左の純正と比べるとかなり浅いので、遮光効果は殆どないかもしれませんね。

50mmの場合は、ほとんど見た目重視のフードとなりそうです。

f:id:akechichan:20191229205654j:plain

こちらは単体でもう少しアップ。

23mmF2用は、内側にネジが数か所ありましたが、こちらはねじなし。

質感は変わらずしっかりとしたメタル製。

 

f:id:akechichan:20191229205718j:plain

まずは純正から。

スリムでよいですが、X-Pro系に合わせると、すこしだけマッチングが悪い気がします。

あとは、レンズもボディも金属なのに、フードだけがプラなのがちょっと。

23mmや35mmのように純正オプションのメタルフードもありません。

 

f:id:akechichan:20191229205739j:plain

そこでこのメタルスクエアフード。

金属製なので質感も十分。

23mm用よりは少しだけレンズ部が奥まったところに来るようですが、遮光効果は殆どないと思います。

見た目は、茶筒フードよりはオールドレンズ風でカッコよくなるかも。

 

f:id:akechichan:20191229205725j:plain

続いて正面から。

正面から純正フードを見ると、茶筒感が分からないので、普通ですね。

f:id:akechichan:20191229205743j:plain

続いてスクエアフード。

23mmF2の時のように、カッコいい見た目になります。

 

f:id:akechichan:20191229205731j:plain

純正を上から見るとこんな感じ。

細くて長いです。

23mmF2+純正プラフードよりは見た目がましですが、やはりこの細長く伸びる感じが、若干違和感あり。

f:id:akechichan:20191229205748j:plain

スクエアフードを使うと、すこしだけ締まった感じに見えます。

長さが短くなるので遮光性は下がるはずですが、取り回しはいいかも。

 

f:id:akechichan:20191229205757j:plain

こちらはスクエアフード装着時のOVFのケラレ状態。

右下の半分ぐらいを蹴られます。

 

f:id:akechichan:20191229205801j:plain

純正茶筒フードならば、ケラレはそれほどありません。

ただX-Pro3の場合は、変倍ファインダーではなく固定倍率なので、50mm時の画面枠はかなり小さく、実際にはEVFで撮影することが殆どと思いますから、これで十分かもしれません。

 

f:id:akechichan:20191229205752j:plain

斜め後ろから。

やはりスクエアフードにするとカッコよいです。

f:id:akechichan:20191229205805j:plain

23mmF2同様、フード装着状態で、フィルターやレンズキャップの装着可能です。

 

f:id:akechichan:20191229205809j:plain

我が家のスクエアレンズフード群。

18mmと35mmは純正付属品。

f:id:akechichan:20191229205814j:plain

こうやって改めてみると、18mmと35mmの純正フードは、十分な遮光性がありそうです。

f:id:akechichan:20191229205818j:plain

長さ比べ。左から18mm、35mm、50mm、23mm。

Haogeのスクエアフードは、純正の角形フード厚の、だいたい三分の二ぐらいの厚さでした。

 

 ▼23mmF2にスクエアレンズフードを買った際の話

www.camera-numa.com