ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

富士フィルムXFレンズのムック本「富士フイルムX&Gマウントレンズ完全レビューブック」を買ってみた

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

 

さて今回は、富士フィルム・レンズ沼にはまるためのバイブル!?、XFレンズのムック本を買った話です。

過去にも、「富士フイルム フジノン XF LENS BOOK (Motor Magazine Mook)」や「FUJIFILM Xマウントレンズ パーフェクトブック (エイムック 3116)」を買っていますが、今回のムックは、あのヨドバシカメラの公式レビューサイト、”フォトヨドバシ”編集でかなりのボリュームなので気になっていたのです。

 

▼今回これを買いました。Kindle版もあるらしく、電子書籍ユーザーはそちらも便利。 

富士フイルムX&Gマウントレンズ完全レビューブック (PHOTO YODOBASHI SHOOTING REPORT)

富士フイルムX&Gマウントレンズ完全レビューブック (PHOTO YODOBASHI SHOOTING REPORT)

 

 

<ポイント>

  • 無駄なレンズ構成図とか仕様とかに多くを取らず、各レンズの作例が多い
  • サードバーティー製レンズもしっかりと紹介
  • ヨイショ記事ではないレビューが納得感ある。
  • この分厚さで2千円台。3千800円ぐらいを覚悟してしまうのに。
  • つまり、Xマウントユーザーのバイブル

 

f:id:akechichan:20200126143130j:plain

ヨドバシ店頭やカメラ店・本屋などでも見かけるけれど、あまりの分厚さに一瞬「高そう」って思ってしまう。

だけど、意外に安い。

そしてオールカラー。中を見ると、お得感が凄い。

 

f:id:akechichan:20200126143135j:plain

目次はこんな感じ。

どの雑誌にも必ずある「富士フィルムの上野さん」のインタビューもあるけれど、レンズの「作例紹介」に多くのページを割いている。

f:id:akechichan:20200126143139j:plain

実際のページは、各レンズこんな感じ。

主要レンズについては、見開き2ページ+1.5ページの大ボリュームの場合もあり。

他のムック本だと、レンズの外観写真とか、構成図とかスペックで半ページ~1ページ割いてしまっているものも多いけれど、この本は作例が主

それが、すべてのレンズでひたすら作例!これは見ているだけでも楽しいです。

f:id:akechichan:20200126143144j:plain

ちなみにサードパーティレンズだけでも、このボリューム。

Xレンズが主だけれど、Gレンズのサードパーティ紹介もあり。Gレンズでも出ているんだ。。。。

f:id:akechichan:20200126143149j:plain

こちらがXマウントのサードパーティーレンズ紹介。

さすがに、1レンズ当たりの作例は、純正レンズほどのページ数は割いていないけれども、メーカーのサンプル写真ではない、フォトヨドバシ編集部の実例が2枚程度ついているので、非常に参考になる。

サムヤンとか7アルティザンなどの有名どころ以外も、カムランとか、色々出ているのがうれしい。

 

という事で、X・カメラ沼ユーザ的には、バイブルのようなムックで、これを見ながら日夜いろんな(レンズ購入プランの)妄想を膨らませそうです。