ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

デジタル中判で撮る-鉄道写真 その2

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

 

さて今回は、いつもの撮影ポイントで、鉄道撮影をしてきた話です。

マミヤ645の300mmと500mmで、どのぐらい構図に差が出るのか気になったので、両方もって行って試しました。

 

<ポイント>

  • 300mmは、35mmの感覚で撮ると結構望遠じゃない感じ
  • 500mmは、感覚的に迫力ある構図で撮れるも、かなり重い(笑)
  • 400mmがあったらよかったかも。

 

ということで、いつもの通りサンプルと写真とともにコメントを。

f:id:akechichan:20200808102335j:plain

まずはマミヤ645セコールC300mmF5.6から。

絞りは一段絞ってF8。

朝早かったので若干ISO高め。シャッター速度は手振れと高画素ブレ防止で1/2000

f:id:akechichan:20200808102339j:plain

同じ設定で別の列車を。

感覚的に35mmカメラだと200mmF2.8のレンズでF4ぐらいに絞り込んだ感じ?のような迫力。

結構手前まで列車が来てからの1枚切り(連写速度遅いので)なので、ドキドキしながらの撮影になります。

f:id:akechichan:20200808102344j:plain

こちらも同じ設定。

LED切れを抑えるための低シャッター速度はブレが怖くてできません!

f:id:akechichan:20200808102349j:plain

こちらも同じ設定。

300mmでF8だと背景もそんなにボケない感じ?

迫力はそんなに感じないですね。

編成写真撮るならば、無難なこのレンズがいいかもしれません。軽いし。

 

 

f:id:akechichan:20200808102353j:plain

続いてマミヤ645セコールC500mmF5.6。

絞りはF8。シャッター速度は一脚使用なので1/1000でISOは800ぐらい。

背景もそれなりにボケているし、迫力ある写真が撮れました(と思う)

f:id:akechichan:20200808102357j:plain

同じ設定で別の列車。

しかしLEDが増えてきているので、低シャッター速度切りの練習しないとまずいですね。

一脚使用+500mm+5000万画素で1/125とか、ぶれないだろうか...

f:id:akechichan:20200808102401j:plain

続いても同じ構図。若干適当になってきました。

実は先頭部バリバリのピントではないのですが、サイズを少しでも縮小すると、ピントが合っているように見えます。

500mmで5000万画素で、ピクセル等倍でピントピッタリは、さすがにつらい。

f:id:akechichan:20200808102406j:plain

狙っていた列車が来ました。

最近見かけていなかった、レッドアロークラッシック。

この列車のために練習していたようなものなので(笑)、しっかりとピントも来ていました。

でも、等倍で見ると、F8でも結構パープルフリンジたっぷり。

F11ぐらいまで絞るか、高いお金出して除去フィルタ買うか、悩むところ。

 

ということで、いつもの撮影ポイントでも撮影するコツがわかってきました。

結果は500mmレンズがいいな、という結論なのですが、なにせ重いし大きい。

うまく使いどころを考えないといけないかも。