ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

GFX50Rで撮る鉄道風景3

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

最近は買ってないですね。

 

ということで、いつもの通り健康のための朝散歩スナップ。

そろそろネタが尽きてきた感もありますが、適当に撮ってきています。

 

ではさっそく、いつもの通り写真とともにコメントを適当に。

f:id:akechichan:20200909221450j:plain

GFX50R+GF50mmF3.5をF11まで絞り、ベルビアで。

換算前に50mmなので歪曲とかないと思ったのですが、換算40mmなりの台形ゆがみといいますか、裾広がりがある状態。

てっきり50mmだからまっすぐ映るのかと勘違いしていました。

 

f:id:akechichan:20200909221455j:plain

続いてもGF50mmF3.5で今度はクラッシックネガで。

クラッシックネガを使うと、こういう写真は昔撮った風(昭和50年とか風?)になりますよね。

 

 ▼クラッシックネガで撮った写真を見ると、なぜかフィルム時代に使っていたこのフィルムを思い出す。なんか、写真屋でサービスプリントすると同じ色合いのような。

 

 

 

f:id:akechichan:20200909221503j:plain

続いても、クラッシックネガ。

レンズは望遠のため、マミヤ645セコールC300mmF5.6を使用。

 

何の変哲もないただの雑多な景色を撮る場合、クラッシックネガを使うと、なんとなく洗練されておらず、未熟に日の丸構図でいろいろなものを撮っていた昔の写真のようになって、「あるいみいい雰囲気」です。

これをプロビアとかで撮ると、リアルに雑多なだけの写真になってしまう(笑)

 

最近、クラッシックネガが気に入ってきました。