ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

富士フィルムX-E3(ブラウン)にKAZA製の本革ハーフケース(ビンテージブラウン)を装着した

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

 

さて今回は、私の中でお約束の、KAZA製本革ハーフケースを購入して取り付けた話です。

X-E3ブラウンを購入した際、いつもKAZAのハーフケースを買っている(KAZAの日本正規代理店である)オリエンタルホビーさんに在庫がなく、泣く泣く安偽革ハーフケースをつけていました。

まさか在庫なしがすぐに復活するとは思っていなかったので、安ケースを買っていたわけですが、オリエンタルホビーさんの「入荷したらメール」に登録しておいたら、数日で入荷連絡が入りました(笑)

実は在庫隠し持っていた?(笑)

 

ということで、いつもの通り開封画像とともにコメントを。

f:id:akechichan:20200917205254j:plain

いつものKAZA箱です。

KAZA直接購入も2回(X-PRO3用とGFX50R用)試していますが、このクリアビニール袋に入っているのはオリエンタルホビーさん経由の時だけです。

また在庫ありの場合、注文してすぐに届くのも、オリエンタルホビーさんのいいところ

KAZA直接購入だと、まず在庫があるのかないのかよくわからない

そして在庫がないと、作るのに最低2週間掛かり、さらに発送までに1週間ぐらいかかるので、かなり待たされます

さらには、KAZA直接購入だと、ブラック以外のモデルでは強制的に?ストラップやカバーセットモデルしか選択できず、ブラック以外が欲しい人はかなり高額になります。

オリエンタルホビーさんの扱いがある機種であれば、まずは同社に問い合わせたほうが、日本のユーザーは幸せと思います。

 

というのが、KAZA歴7回以上?の私の答え。

f:id:akechichan:20200917205258j:plain

開けるとこんな感じ。

まぁ、必要最低限のものがはいっていますが、ハーフケースの作りが良いので、このタイミングでニヤニヤしてしまいます。

とくに偽革激安ケースを使っていた人は、きっと開封だけで幸せを感じられますのでお勧めです(笑)

f:id:akechichan:20200917205305j:plain

左のX-E3に装着しているのが、前回装着していた激安品。

といっても中途半端に3000円のものを選んでいたので、とりあえずの装着なら1000円台のものを選んでおけばよかったと後悔。

右側はKAZA製の今回かったもの。ビンテージブラウン色です。

f:id:akechichan:20200917205311j:plain

上からみた図。

KAZA製はレンズマウントのあたりにかなり攻め込むデザイン。

そのため、実際にグリップした時も、ボディに手が触れることは無く、カバンに適当に入れた際も、下半分は守られます。

上半分は、何かに擦ると擦り傷になるけれど。

f:id:akechichan:20200917205317j:plain

早速装着。

う~ん、やっぱりKAZAのハーフケースはかっこいい。

これに慣れてしまうと、なかなか他社製品を買う気がしない。

 

f:id:akechichan:20200917205323j:plain

正面から。

安っぽかったボディ側のブラウンの下地も見えづらくなり、ケースと同じような色なので目立たなくなりました。

あとはストラップをブラウンにすればもっとよくなりそう。

 

▼これのブラウン色があったら買ってしまいそう。今はブラック。

 

ということで、いつものハーフケースおしゃれの話でした。