ミツヒデのカメラ沼

デジタル一眼を数十台節操なく買い換えて、富士フィルムに行き着いた、カメラ沼住人のブログ。

X-Pro3とXF56mmF1.2で子供散歩

みなさんこん○○わ。

いつも節操なくカメラを買っている私です。

 

さて今回は、子供とともに近所の公園を散歩することになったので、X-Pro3とXF56mmF1.2を持ちだしてみました。

なおXF56mmF1.2は付属フードが気に入らないので、いつもの通りXF23mmF1.4用の純正フードにしています。

f:id:akechichan:20200927202647j:plain

右側が購入してあったXF23mmF1.4用レンズフード。

メタルスクエアタイプ。XF56mmF1.2にピッタリ装着できます。

なお写真左は、Haoge製の汎用62mmレンズフード。

ゆるんだ際にフードの角度が変わってしまうので、バヨネット式?の純正フードにしました。高いけれど。

 ▼XF23mmF1.4用ですが、XF56mmF1.2にもピッタリ装着。遮光効果は何とも言えず。

FUJIFILM XF23mmF1.4R用レンズフード LH-XF23

FUJIFILM XF23mmF1.4R用レンズフード LH-XF23

  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

f:id:akechichan:20200927202654j:plain

こちらが装着後。

フードの縁に「23」と記載がありますが、逆サイドはFUJIFILMのロゴなので、そちらを上にしておけばXF56mmF1.2でも違和感はありません。

 

では早速、子供の散歩に持ち出し。

散歩とは言っても、最初からストライダーする気満々の次男。

今回は動態にも強いX-Pro3なのでXF56mmF1.2でもなんとかなるはず。

f:id:akechichan:20200927202708j:plain

やはりF1.2は背景がしっかりボケる。

いわゆるフルサイズだと85㎜F1.8ぐらいな感じだけれど、これで十分。

 

f:id:akechichan:20200927202713j:plain

走りながらストライダーする子供にも、しっかりと瞳AFC追従。

さすが新世代のAF。なおライブビュー撮影したいのでコマ5.7/秒

f:id:akechichan:20200927202717j:plain

こちらも全力疾走中のストライダーをXF56mmF1.2で。

 

AFはそれほど早くなく、かつピントも激薄なXF56mmF1.2ですが、X-Pro3の瞳AFCのおかげで、ほぼすべてのコマでピントはしっかり合っていました。

運動会スペシャルとして購入したX-Pro3(笑)ですが、余裕の性能でした。